分娩・入院

当院の分娩について

安全な分娩を提供するため、当院での出産を希望する方には12週~34週までに、分娩予約をお願いしております。

ご不明点などございましたら、どんなことでもご相談ください。

分娩の方法

妊娠34週にバースプランを確認します。できる限り妊婦さんの希望を優先しております。

1自然分娩

特別な処置を行わず、自然陣痛発来を待つ方法です。母体が持つ体の機能を利用し、ゆっくりとお産を進めていきます。出産は体力を使うため、妊娠中の運動指導も積極的に行っていきます。母体・胎児両方が安全な状態ならば、予定日を過ぎても待機は可能です。通常、産後4日目で退院となります。

2無痛分娩

基本的には自然陣痛発来を待ち初産婦さんで子宮口5㎝開大、経産婦さんで3㎝開大時から硬膜外麻酔による鎮痛を開始いたします。詳しくは来院時ご相談ください。

料金
30,000円+薬剤費(税込)

3帝王切開術による分娩

手術は怖いという印象を皆さんお持ちだと思います。当院ではお一人立ち合いをしていただき少しでも不安を取り除くようにしています。また術後の痛みを楽にという方針より手術麻酔に硬膜外麻酔を併用しています。皮膚切開は横切開を基本とし抜糸のないように埋没縫合を行っています。通常、術後6日目退院となります。

立ち会い出産について

当院では、パートナーの方が出産に立ち会う機会を積極的に推奨しています。陣痛の始まりから出産の瞬間まで一緒にいることで、
ご家族の愛情はより深まることでしょう。ただし、状況によっては、立ち会いが難しい場合もあります。ご了承ください。

入院について

入院をする時期

当院では、自然分娩を行っております。自然分娩は規則的な陣痛が始まり次第、入院となるのが基本的な流れです。

1陣痛

陣痛の間隔が10分おきになったら当院までお電話ください(経産婦の方は「10~15分」おきで問題ありません)。その際に、ご来院のタイミングをお伝えしますが、「出血が多い」もしくは「破水した際」は、迅速に分娩の手配をいたします。破水した後は感染リスクがあるため入浴は厳禁です。

2破水

赤ちゃんは卵膜という薄い膜の中で羊水に浮かんでいます。その卵膜が破れて羊水が流れ出ることを破水といいます。子宮の入り口で膜が破れると勢いよく羊水が出ますが、破れた場所によっては、ほんの少し羊水が流れるだけで、おしっこやおりものと思う人もいます。破水かどうかわからないときも病院に連絡してください。

3その他

下記のような際も入院が必要になります。

  • さらさらとして出血が出る
  • 常にお腹が張っている
  • 胎動が1時間の間に1回も感じられない

入院時に必要なもの

出産のため、入院時に必要なものをご紹介します。妊娠34週ごろまでに、準備しておきましょう。

お母さんのもの

  • 母子健康手帳
  • 診察券
  • 同意書など未提出の書類
  • 筆記用具
  • 普段内服されているお薬・吸入薬
  • 生理ショーツ2~3枚程度
    ※病院でお渡しするセットに産褥ショーツが1枚入っています。
  • 授乳用ブラジャー(ノンワイヤーですぐに授乳できるもの) 2~3枚
  • ご自分用の化粧品、洗顔
  • 退院時の着替え
  • 骨盤ベルト(当院でも購入可能です)
  • 飲み物(水、お茶等)
    ※お部屋にポットが、1階に自動販売機があります。

赤ちゃんのもの

  • 赤ちゃんの洋服(退院時用)
    夏場・・・短肌着1枚、洋服
    冬場・・・短肌着、長肌着各1枚、洋服、おくるみ

当院でご用意しているもの

  • 分娩直後パット
  • 産褥ショーツ(1枚)
  • アメニティセット(コップ、ヘアバンド、くし、シャンプー、リンス、ボディソープ、時計、歯ブラシ、ティッシュ1箱)
  • お産パット(L・M・S)
  • 防水シーツ
  • 赤ちゃん用おしりふき
  • 臍帯箱
  • 母乳パッド

※入院中のパジャマ、バスタオル、フェイスタオルは貸し出ししています。
※コインランドリーは院内にはありません。
※ナプキンやお尻拭き、産褥ショーツ等病院内でも追加購入できます。
※自家用車で退院の際には、新生児からチャイルドシートの使用が義務付けられています。お車への取り付け・使用方法などは事前によく確認してください。

入院中のお食事について

当院の入院食は、母体と生まれてくる赤ちゃんの健康を考え、良質な栄養が取れるレシピばかりです。素材を厳選し、専任の栄養士とシェフが協力して作り上げたこだわりのメニューを提供いたします。また授乳期の食事アドバイスや産後の離乳食教室などのサポートも行っています。

料金

経膣分娩 520,000円(税込)
帝王切開術 600,000円(税込)

※当院では、経膣分娩での時間外・休日対応時の追加料金はいただいておりません。

ページトップへ戻る